【9/10発送】ENJOY COFFEE: ロースターとコーヒー豆のご紹介!

Posted by ShinkawaKanako on

コーヒー豆の定期購入サービス"ENJOY COFFEE"は、毎月10日までに発送させていただきます。

第29回目のENJOY COFFEEは、全国の皆様に発送いたしました!
お申し込みいただいた皆様、到着までもうしばらくお待ちください!!

 

9/10発送回のロースターはこちら

MANLY COFFEE(福岡)
[Ethiopia]

ニュークロップエチオピア イルガチェフェ ベリッティ ナチュラル
生産国:エチオピア
エリア:イルガチェフェ ウォレダ地区 トレにあるベリッティ村
標高:1770m
品種:エチオピア原種
生産処理:ナチュラル
規格:グレード-1 

このコーヒーはベリッティウォッシングステーションからのもので、
おいしいコーヒーがとれるイルガチェフェ地方の
ウォレダ地区、トレにあるベリッティ村にあります。

ウォッシングステーションは2000年に設立され、
ナチュラルロットとウォッシュドロットの両方を生産しています。

生産者はコーヒーチェリーを持ち込み、そこから選別されて、プロセスの準備が完了です。
ナチュラルプロセスはアフリカンベッドで乾燥され
ナチュラルの場合は日光と気温にもよりますが、8~20日かかります。

Interview with MANLY COFFEE

  1. この豆を選んだ理由は?エピソードがあれば教えてください。
    届いたばかりのニュークロップのエチオピアをお楽しみいただきたいと思い選びました。

  2. どんな淹れ方がオススメですか?レシピもあれば教えてください。
    エアロプレスがオススメです!
    コーヒー 14g / 粗挽き  
    お湯 200g / 84℃

    1 エアロプレスをインバーにセット、ペーパーをリンスする
    2 粉を入れタイマースタートと同時に注湯スタート
      全体をしめらせながら粉が回転するよう、リズムよくお湯を注ぐ 
    3 1分間たったら軽く全体を混ぜフタをし、ひっくり返す
    4 ゆっくり押し シューという音が聞こえたら終了

    お気に入りのカップに注いでお楽しみください!

  3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
    ・粉量、お湯量を計測し、時間を測る。測れたら温度も。 
    → コーヒーを淹れるベースになります
    ・最初はむずかしいかもしれませんが、
    "どういう味を目指すか"最初にイメージしてコーヒーを淹れてみてください。次にそれを実現できそうな方法を1つ考えて実践してみてください。 例えば優しい味にしたいから攪拌は優しくしてみようという風に。そして実際に淹れてみて目指した味になったか、ならなかったか 意識して飲んでみてください。これを繰り返していくと、自由にコーヒーが淹れられるようになります。

  4. MANLY COFFEE様はどんなお店ですか?
    店名の由来:オーストラリア シドニーにあるビーチがキレイな街マンリーが名前の由来です。
    マンリーの人たちは友人や家族との時間を大切にし、家もDIYしたり楽しそうに暮らしていました。
    そういうライフスタイルをコーヒーを通して提案できたらと思いお店の名前に付けました。
    またマンリーという響き、原住民のアボリジニの人たちが堂々として『男らしい(Manly)人々』と呼んだのが名前の由来というのも、かわいいなと思い決めました。

    ロゴの秘密:マンリーでヨットの風景をよくみていました。 知人がパステルでささっとかいた海に浮かんぶヨット絵をシンプルなロゴにしました。
    大海原を小さなヨットに乗って切り拓いていくという願いも込められています。

    ミッション:Coffee is beautiful,Life is beautiful. 
    お客さまのLife  まいにち / 人生 が輝くビューティフルなコーヒーをお届けすること

  5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
    コストが抑えられると思ったのがきっかけです。

  6. このコーヒーに一番合うものは何だと思いますか?
    ラムレーズンが入った濃厚ガトーショコラ

  7. オススメのロースターはありますか??その理由も教えてください。
    タカムラコーヒーロースターズさんです。ロースターの岩崎さんの情熱にいつも感動します。お話する度、新しい発見があります。そして岩崎さんのコーヒーはとてもおいしいです。意外と小声で喋るところも面白いです。

    また最近ではニュージェネレーションのAKITO COFFEEさん、LEAVES COFFEE ROASTERSさんからインスピレーションをいただいています。真摯にコーヒーに向き合い、チャレンジされていて、コーヒーもおいしく、パッケージを含むコーヒーの提案もステキだなと感じています。


darestore(宮城)
[Tanzania]

生産国:タンザニア
農園:モンデュール ムゴンバ 区画
地域:アルーシャ地区ミーネット村
品種:ブルボン原種
精製方法:ウォッシュド
標高:1,700m
ノート:ブラックベリー、ナッツ、チョコレート、ハーブ

Interview with darestore

    1. この豆を選んだ理由はなんですか?
      ブラックベリー、チョコレート、ハーブなど複雑なフレーバーや香りを感じました。明るく綺麗な飲み口も気に入っています。
      有名な産地ですが、あまり見かけませんでした。僕自身、初めて取扱う産地だったこともあり、このコーヒーに挑戦したいと思い選びました。

    2. どんな淹れ方がオススメですか?レシピもあれば教えてください。
      ▼レシピ
      粉量 16g
      お湯量 250cc
      温度 94°c位
      抽出時間 2:30〜3:00

      40gのお湯で30秒蒸らす
      →0:50までに150ccお湯を注ぐ
      →1:20から250cc までお湯を注ぎ、落としきる。

    3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
      上のレシピを参考に、お好みに合わせて味の調整を楽しんで下さい!

    4. darestoreはどんなお店ですか?
      darestore【デアストア】という名前にはdare=挑戦、restore=回復という意味を含ませています。

      来店の皆様が元気になって帰って行く店であり、そういう場所であるために常にチャレンジし続ける店でありたいと日々オープンしております。

    5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
      お客様の反応をダイレクトに感じる事が出来るのが飲食店の魅力だと思っています。
      コーヒーを一口飲んで嬉しそうな顔、ホッとしたような顔。そんな表情が見れたときにやりがいを感じます。
      そのコーヒーを自分の焙煎したもので引き出せたらどんなに素晴らしいだろう?と思い焙煎を始めました。

    6. オススメのロースターはありますか??その理由も教えてください。
      たくさんあります!笑

      真っ先に頭に浮かぶのは仙台のコーヒーシーンを引っ張り続けている
      「BAL MUSETTE」さんです。
      世界中を飛び回って最新の情報を仕入れてくるアクティブさ。それを惜しげも無く共有してくれる懐の深さ。
      私がコーヒーを始めた頃から現在も尊敬しっぱなしです。


この記事をシェアする



← 古い記事 新しい記事 →