【5/10発送】ENJOY COFFEE: ロースターとコーヒー豆のご紹介!

Posted by ShinkawaKanako on

コーヒー豆の定期購入サービス"ENJOY COFFEE"は、毎月10日までに発送させていただきます。

第37回目のENJOY COFFEEは、全国の皆様に発送いたしました!

 

5/10発送回のロースターはこちら

NAGASAWA COFFEE(岩手)
[Rwanda]

Interview with NAGASAWA COFFEE

  1. この豆を選んだ理由は?エピソードがあれば教えてください。
    柔らかい酸の質と、後味の甘みが、心地よく
    気持ちを和ませてくれる味わい重視で今回セレクトしました。

  2. どんな淹れ方がオススメですか?レシピもあれば教えてください。
    ペーパードリップがオススメです。
    当店レシピは、カリタウェーブ使用 中挽きの粉17g 投入湯量200cc 湯温 85~87度
    最初に30ccのお湯を全体に注ぎ40秒蒸らします。
    40秒後中心から、のの字描くように静かに100ccまで注ぎます。
    100ccを過ぎたら少し勢いを増し150ccまで注ぎ、一度注ぐのを止めます。
    全部落ちきる前に残りの50ccを一気に中心に注ぎます。(沈んだ粉を掘り対流させるイメージ)
    注ぎきるまでの時間は蒸らしを含め90~120秒の間ならOK

  3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
    抽出温度を少し下げるのがオススメです。
    ぬるいコーヒーにならないよう抽出器具やカップをしっかり温める事が重要です。

  4. NAGASAWA COFFEEはどんなお店ですか?
    岩手県盛岡市に店舗を構え9年目、より多くの人にコーヒーを楽しんでもらう事を一番に掲げ
    浅煎りから深煎り、ペーパードリップからエスプレッソと幅広く取り組んでいるお店です。

  5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
    美味しいコーヒーを求める探究心から始まりました。

  6. このコーヒーに一番合うものは何だと思いますか?
    個人的にはハード系のパンと合わせるのが好きです。

  7. オススメのロースターはありますか??その理由も教えてください。
    今のような状況でもプライドを持ってロースターを生業にしているお店は、全てオススメです。


AND COFFEE ROASTERS(熊本)
[Rwanda]

Interview with AND COFFEE ROASTERS    

  1. この豆を選んだ理由は?エピソードがあれば教えてください。
    毎年農園を訪れてるルワンダ から買い付けたものです。パッケージに記載されてるlot.1304とは4月13日に収穫されたデイロットを意味しています。ジューシーな果実味に爽やかな甘さ。丸く透明感のある飲み心地に、グリーンティーのような風味。複雑さが心地良い毎日飲みたくなるようなコーヒーです。

  2. どんな淹れ方がオススメですか?レシピもあれば教えてください。
    ハリオV60を使用したハンドドリップコーヒーがオススメです。
    レシピ
    豆量15g
    湯量240g (91-93℃)
    蒸らし時間 30秒

    STEP1
    ドリッパーにペーパー、粉をセットします。はかりをゼロにして、タイマーをスタート。すべての粉にお湯がかかるくらい注ぎ、30秒くらい蒸らします(1投目:30g-40gくらい)

    STEP2
    以降、30秒くらいごとに3回に分けてぐるぐるとすべての粉にまんべんなくお湯がいきわたるように合計240gのお湯を注いでいきます。最後の注湯を2分くらいで終えるようなペースで注ぐと良いでしょう。

    STEP3
    お湯が落ちきり完成!

  3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
    お菓子作りをする時のように、きちんと素材の量、時間を計測して淹れると安定します。

  4. AND COFFEE ROASTERSはどんなお店ですか?
    コーヒーにはたくさんの人たちが関わって1杯のコーヒーが作られています。

    〜AND COFFEE ROASTERS の様に 〜にはコーヒー農夫やエスクポーター、輸入業者、ロースター、バリスタなどコーヒーに関わる全ての方が含まれていて、その方たちの想いを伝えていきたいという思いから”AND COFFFEE ROASTERS”という名前にしました。

    ミッション
    私たちは高品質なコーヒー焙煎し皆様にお届けする為に、可能な限りコーヒー生産地に行き、現地でコーヒー豆を選定、購入する事を目標にしています。コーヒー生産地へ行き高品質なコーヒーを買い付けすることだけでなく、そこで働くコーヒー農夫の皆さんの雰囲気や、労働環境、取り組みなど現地で直接顔を合わせてお話しして、信頼関係を築くなど様々な観点で買付をし1杯のコーヒーのストーリーを伝えています。

  5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
    実家も親戚も商い人ばかりだったこともあり、いつかは自分で何かをしないといけないという思いが強く、アルバイトを含めると16歳から飲食の世界に入り、漠然と自分で飲食を立ち上げることをぼんやりと考えていました。
    そして19歳でニューヨークに語学研修に行った時に初めてバリスタが淹れるコーヒーを飲み、バリスタという職業を知りこれを生涯の仕事にしたいと直感的に感じました。

    それからバリスタやカフェのカルチャーに魅了され、日本に戻って必死に勉強を始める。

    当時の日本ではまだまだバリスタの認知も少なかったこともあり、独学で勉強してはアメリカやオーストラリアのカフェをめぐるという生活を続けていました。

    2011年の震災をきっかけに、妻の実家である熊本に移住をしてロースター兼カフェをオープンすることを決めました。

    アメリカではサードウェーブ真っ只中で、自分たちでグリーンビーンズの買付をしているのを見ていましたし、適正な価格で生豆を買うことの必要性や意味を少し理解できていたので自分の店舗も必ず焙煎をすると決めていました。

この記事をシェアする



← 古い記事 新しい記事 →