【10/10発送】ENJOY COFFEE: ロースターとコーヒー豆のご紹介!

Posted by Akiyama Nobuo on

コーヒー豆の定期購入サービス"ENJOY COFFEE"は、毎月10日までに発送させていただきます。

第18回目のENJOY COFFEEは、全国の皆様に本日発送いたしました!
お申し込みいただいた皆様、到着までもうしばらくお待ちください!!

 

10/10発送回のロースターはこちら

FUGLEN COFFEE ROASTERS(東京)
[Bokasso]



Organic Certified in Ethiopia, EU
Bokasso washing station
Sidama Cooperative Union
Region: Yrga Alem, Sidamo
Altitude: 2000 masl
Picked: 2018
Farmers: 周辺の約2047の小規模農家
Varietals: コーヒーの品種はミックスされたローカルな品種。ここでは主に74110と74112という品種名です。しかしその品種も生産者がもともと所有する原生するTypica種と混ざり合っており、総じてEthiopian Heirloom(エチオピア原種)と呼ばれます。
Production process:Washed

flavor & comment 

チェリー、ピーチ、ハーブティー

Interview with Tomoya Yazaki of FUGLEN COFFEE ROASTERS

  1. この豆を選んだ理由は?
    初めてBokassoを訪れた時から、その土地の空気感や働く人々の熱意に惹かれています。実際に買い買い付けの時にブラインドでカップしても、本当に素晴らしいフレーヴァーを感じました。またエチオピア国内とEUでオーガニック認証も得ているので、環境に配慮したコーヒーでもあります。

  2. どんな淹れ方がオススメですか?
    フィルター用に焙煎したコーヒーなので、エスプレッソ以外であればどんな淹れ方にも合います。

  3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
    豆やお湯の量を計り、できるだけ毎回同じように淹れるようにしてみてください。グラインダーもなるべくいいものを使用してください。Wilfaがおすすめです。

  4. FUGLEN COFFEE ROASTERSどんなお店ですか?
    ノルウェーオスロで築き上げられた、浅煎りの焙煎をするコーヒーロースターです。コーヒーが持つ本来の風味を最大限に活かす焙煎技術で、ノルディックローストとも呼ばれます。ロゴはフグレンと同じアジサシと言う世界一長い距離を飛ぶ渡り鳥です。実はツバメではありません笑。オスロの港から東京に渡ってきて、その次はどこかへ行こうとしています。

  5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
    日本でノルディックローストのコーヒーが飲みたかったからです。
    それを実現するには、それに適した最高級のコーヒー豆を独自のルートで仕入れ、とても慎重に焙煎する必要があったので、自分で始めるしか道はありませんでした。

  6. このコーヒーに一番合うものは何だと思いますか?
    グッドカンパニー、つまりコーヒーを一緒に飲む良き仲間です。

  7. オススメのロースターはありますか??
    オスロにあるTim Wendelboeです。

 

 

SINGLE O(東京)
[LA MINITA]

VARIETY: CATURRA, CATUAI
PROCESS: WASHED
ORIGIN: TARRAZU, COSTA RICA
PRODUCER: LA MINITA ESTATE
ALTITUDE: 1200-1500M

flavor & comment 

ベイクドレッドアップル、ドライアプリコット、レーズン、ヴァニラクリーム

Interview with Yu Yamamoto of SINGLE O

  1. この豆を選んだ理由はなんですか?
    こちらのコスタリカLa Minita農園は、毎年コーヒー豆を買付している、我々にとって欠かせないパートナーです。彼らの農園での様々な取り組みは素晴らしいものばかりで、をこのLa MinitaはSingle Oのお気に入りとも言えます。

  2. どんな淹れ方がオススメですか?レシピもあれば教えてください。
    V60などFileterでの抽出、フレンチプレスでも美味しく淹れられます。コーヒー豆6gに対して、お湯100gの割合でスタートし、調整していくのがおすすめです。

  3. 家庭でコーヒーを淹れる時のポイントを教えてください。
    面倒でもスケールとタイマーを使って、“はかる”ことが重要です。ケーキを作るときに目分量で作る人はいませんよね?

  4. SINGLE O JAPAN様はどんなお店ですか?
    Single Oは2003年にシドニーのSurry Hillsで始まったCoffee Companyです。シングルオリジンという概念がまだまだ一般的でなかった当時、オリジンによって様々な違いがあることを広めていくことを目的に始まりました。もとはSingle Origin Roastersというダイレクトな名前でしたが、2016年にSingle Oと短くなりました。2014年には東京にも焙煎機を設置し、日本国内での卸売も開始しました。独自のルートから仕入れるコーヒー豆はユニークなものが多く、色々な地域からのコーヒーを日本の皆さんにも紹介しています。我々のミッションは世界中の優良な農園を見つけ出し、彼らにきちんとした対価を支払うことで、彼らの生活をより安定したものにしていくこと。それを実現するために、私たちはより多くの方々に私たちのコーヒーを飲んで、知っていただく必要があります。コーヒー好きな方々のみではなく、気軽に、そして無意識のうちにスペシャルティコーヒーを口にする日常を作り出したいと思っています。

  5. 焙煎を始めたきっかけはなんですか?
    Single Oはもともと焙煎をしていたので、きっかけは上記の通りです。山本個人的にはSingle Oのコーヒーを日本でも広めていくために焙煎は必須な技術であったからです。

  6. このコーヒーに一番合うものは何だと思いますか?
    朝、家族や友人と過ごす時間と環境。甘いペーストリーや朝食のパンなどと一緒に。

この記事をシェアする



← 古い記事